English
2020/11/02
名古屋大学の受変電設備年次点検に伴い、2020年11月15日(日)に停電が発生します。それに伴い、13日午後から16日午前にかけて、当システムを使用することはできなくなりますので、あらかじめご了承ください。
2020/08/06
計算機設備のメンテナンスのため、8月13日(木)10時~12時の間、CIDASシステム(scplatform, scfront1, ERGデータサービス)を停止します。あらかじめご了承ください。
2020/02/06
あらせ-PANSYレーダーの同時観測に関する論文(Kataoka+, 2019) が、EPSのハイライト論文2019に選出されました。 EPS Highlighted papers 2019
2019/12/20
2019年12月20日「あらせ」衛星は、打ち上げから3周年を迎えました。「あらせ」衛星は、元気にジオスペース環境の観測を行っています。間もなく第24太陽活動周期も終盤となり、新しい第25太陽活動周期が始まります。
2019/12/02
2020 ERG Science and Space Weather Workshop が台湾・国立中央大学で2020年1月13-15日に開催されます。
2019/10/24
名古屋大学の受変電設備年次点検に伴い、2019年11月17日(日)に停電が発生します。それに伴い、15日午後から19日午前にかけて、CIDASシステム(scplatform, scfront1, ウェブサービス)を使用することはできなくなりますので、あらかじめご了承ください。
JAXA筑波宇宙センターの停電に伴い、下記の期間、SEESからのERG宇宙天気データの公開が停止になります。 【停止予定期間(JST)】2019年11月1日(金) 16:00 ~ 6日(水) 12:00
2019/09/12
Geophysical Research Lettersに報告されたあらせ衛星による内部磁気圏分子イオンの観測に関する論文が、Editor's HighlightとしてAGU/EOSで紹介されました。
2019/07/12
PWE/WFC (Chorus burst, SWPIA burst) のスペクトルQLの公開がはじまりました。
2019/07/08
「あらせ」特集号の論文が、highly cited papers として Web of Science から選出されました。
2019/03/18
ジオスペース探査衛星「あらせ」観測成果に関する記事が掲載されました。掲載ページ(JAXA)
2019/01/24
ジオスペース探査衛星「あらせ」観測成果に関する記者説明会を行いました。特設サイト(JAXA)
2019/01/16
世界初!地球近傍の宇宙で発生するプラズマと電磁波の相互作用発生域の可視化に成功。地球近傍の宇宙で発生する電磁波コーラスと高エネルギー電子が共鳴することで生じる波動粒子相互作用発生域の形状変化の詳細を世界で初めて明らかにしました。英国科学誌 Nature Communications に掲載しました。
2018/08/21
あらせ衛星全観測機器の統合Quick Look Plotsを公開しました。
2018/08/03
あらせ衛星科学データ Level-2ファイルの公開がはじまりました。
2018/06/18
9月19日(水)と20日(木)に、東北大学にて、「あらせ衛星粒子データ解析ワークショップ」を開催しました。
2018/04/15
明滅するオーロラの起源をERG(あらせ)衛星が解明しました。 プレスリリース(東京大学)、サイエンスセンター記事
2018/02/15
明滅するオーロラの起源をERG(あらせ)衛星が解明しました。 プレスリリース(東京大学)、サイエンスセンター記事
2017/12/20
あらせ衛星は、打ち上げ1年を迎えました!!
2017/09/11
9月5日(火)から8日(金)に、台湾NCKU(National Cheng Kung University)にて、「The 3rd ERG Mission Science Workshop」を開催しました。開催案内 (ASIAA, Taiwan)
2017/08/21
9月14日(木)と15日(金)に、東北大学にて、「あらせ衛星粒子観測器データ解析ワークショップ」を開催しました。
2017/08/21
8月25日(金)と26日(土)に開催されたJAXA相模原キャンパス特別公開の宇宙科学セミナーにて、25日(金)13時から「宙(そら)の嵐の中へ:あらせ衛星の挑戦」と題して講演を行いました。 特別公開案内(JAXA), 宇宙科学セミナー案内(JAXA)
2017/04/03
JAXAと相模原市などが共同で「宇宙学校・さがみはら」を開催しました。広報ページ(JAXA)
2017/03/29
あらせ衛星は定常運用に移行しました。プレスリリース(JAXA)
2017/01/23
あらせ衛星のクリティカル運用期間が終了し、ワイヤアンテナ、マストの伸展が完了しました。プレスリリース(JAXA), 特設サイト(JAXA)
2016/12/20
ERG衛星が打ちあがり、あらせという愛称となりました。 プレスリリース(JAXA)

2020年9月16-18日に、オンラインにて「第13回ERG サイエンス会議 / 2020年度内部磁気圏研究集会」を開催しました。

主催:名古屋大学 宇宙地球環境研究所,JAXA 宇宙科学研究所,ERGサイエンスセンター
世話人:桂華邦裕 (東京大学), 三好由純 (名古屋大ISEE), 笠原慧 (東京大学), 加藤雄人 (東北大学), 篠原育 (JAXA/ISAS)

詳しくはこちら

ERG/HEP Level-3データ公開のお知らせ

あらせ衛星搭載の高エネルギー電子分析器 HEP のLevel-3 ピッチ角ソート電子 フラックスデータが公開されましたので、ご連絡致します。新しくリリースされた データはバージョン v01_00 となります。
このデータには、HEP Level-2 3-D fluxデータおよびMGF Level-2 8 sec データから 求めた各エネルギーbin毎のピッチ角分布が格納されています。HEP Level-2 データにおける、方位角チャンネル間の相対フラックス値較正がまだ完全では ないため、Level-3データのflux値計算では、以下のチャンネル及び スピン・セクターのみを使っています。
- 方位角チャンネル: 1, 2, 3, 6, 7, 8, 12, 13
- スピン・セクター: 1, 2, 3, ..., 14 (0, 15を排除)
これは、ERG-SC plug-in for SPEDASに含まれるpart_productsライブラリで計算されるピッチ角分布と同じものになります。ただし、Level-3データでは、さらに時間方向に 8 衛星スピン分 (~ 64 sec) 平均して、よりスムーズなピッチ角分布を求めています。

今回の新バージョンのデータとこれ以降にリリースされるデータについては、 データ取得より1年間の猶予期間後に、自動的にERGプロジェクトチーム外にも 一般公開されます。

SPEDASユーザーの方は、最新のERG-SC plug-in for SPEDASに含まれている erg_load_hep.pro を使うことで、以下のようにしてLevel-3データを読み込む ことができます。

IDL> erg_init ERG> timespan, '2019-08-06'
ERG> erg_load_hep, level='l3', uname='****', pass='****'
(please pass the ERG project team ID/password through uname and pass)

Level-3データCDFファイルは、以下のページからダウンロード可能です。 https://ergsc.isee.nagoya-u.ac.jp/data/ergsc/satellite/erg/hep/l3/pa/ 最新の情報については、下記のWikiに記載される予定です。随時、ご確認を お願いします。 https://ergsc.isee.nagoya-u.ac.jp/mw/index.php/ErgSat/Hep

本CDFファイルを用いた論文においては、CDFファイルのバージョン名を 謝辞欄に記載ください。 また本CDFファイルを用いた研究結果を学会や論文等で発表される場合には、 必ず下記アドレスまで事前にご連絡ください。 あらせ/HEP コンタクトメールアドレス erg_hep_info [at] isee.nagoya-u.ac.jp (三谷、高島、堀、篠原、三好) なお最新のRules of the road を下記に添付します。Rules of the roadを遵守の上、データをご利用ください。

Rules of the Road for the users of the products from the ERG/Arase Project

1. Users of all level of scientific products from the ERG/Arase project should contact instrument PI team(s), Project Manager (PM), and Project Scientist (PS) before using the data for any presentation and publication. PI(s) / PM (Iku Shinohara, iku at stp.isas.jaxa.jp) / PS (Yoshizumi Miyoshi, miyoshi at isee.nagoya-u.ac.jp) may suggest potential coauthor(s) from the ERG/Arase project side for the presentation and publication. Some necessary articles suggested by the PI(s) should be cited.

2. Users should always use the latest version of data files in CDF provided from the ERG science center for their data analysis, presentation and publications. Redistribution of the data files is strictly prohibited.

3. Users should send presentation materials and papers including ERG/Arase data to instrument PI team(s), PM, and PS enough before presentation and paper submission, so that sufficient time is available for those responsible for the data to check if the data are properly processed/used and to get necessary comments back to the data users.

4. Publications that use ERG/Arase satellite data should cite the project overview paper (Miyoshi et al., Earth Planets Space, DOI:10.1186/s40623-018-0862-0, 2018a) and include the following text in the paper acknowledgements:

"Science data of the ERG (Arase) satellite were obtained from the ERG Science Center operated by ISAS/JAXA and ISEE/Nagoya University (https://ergsc.isee.nagoya-u.ac.jp/index.shtml.en, Miyoshi et al., 2018b). The present study analyzed MGF-L2 v01_01 data, HEP-L2 v03_01 data, MEP-e-L2 v01_01 data, and Orbit L3 v02 data"

Miyoshi et al., Earth Planets Space, DOI:10.1186/s40623-018-0867-8, 2018b

Rules of the Road of HEP Level 2 data

For details of the instrument, please refer to the following article: Mitani, T., et al. (2018), High-energy electron experiments (HEP) aboard the ERG (Arase) satellite, Earth, Planets and Space, 70:77, doi:10.1186/s40623-018-0853-1.

The users should be aware that the current version of Level-2 data may still contain contamination to flux values due to penetration of higher energy electrons and protons. The users should analyze data carefully not only for quantitative studies but also qualitative examination.It is highly recommended to establish contact and work together with the PI team from the early stage of the user's study.

Level-2 data can be updated in future if necessary. Please make sure to use the latest version of data for the analyses.

Further information on the data can be found at the following wiki page: https://ergsc.isee.nagoya-u.ac.jp/mw/index.php/ErgSat/Hep Questions, comments, and any feedback relevant to the data should be directed to the HEP team (E-mail: erg_hep_info at isee.nagoya-u.ac.jp).

Rules of the Road of Level-2 data (MGF)

The MGF Level-2 data should be used based on a full understanding of the measurement limit. Please refer to and cite the following article: Matsuoka, A. et al. (2018), The ARASE (ERG) magnetic field investigation, Earth, Planets and Space, doi:10.1186/s40623-018-0800-1, if you use the MGF data for your research. Further information on the data can be found at the following wiki page: https://ergsc.isee.nagoya-u.ac.jp/mw/index.php/ErgSat/Mgf/ Questions, comments, and any feedback relevant to the data should be directed to the MGF team (PI: Ayako Matsuoka) (contact: erg_mgf_info at isee.nagoya-u.ac.jp).

For more information, see https://ergsc.isee.nagoya-u.ac.jp/index.shtml.en

ERG プラグインツール

正式版: erg_plugin_08_16.zip
(WG限定) Bleeding edge: 2021-06-03

公開データ一覧

(データ一覧作成中)

Collaborators

About 100 researchers from about 30 Japanese and overseas institutes/universities participate in the ERG  project.

Related-projects

About 100 researchers from about 30 Japanese and overseas institutes/universities participate in the ERG project.