超高エネルギー電子分析器 (Extremely High-Energy Electron Experiment, XEP)

観測器と衛星での取り付け位置 (-Yパネル)

担当者

PI

  • 東尾 奈々 (JAXA/RDD)

メンバー

  • 松本 晴久 (JAXA/RDD)

基本スペック・計測物理量

エネルギー範囲電子 400 keV ~ 20 MeV
Gファクター0.0088 cm2sr
角度分解能20° × 22.5°
エネルギー分解能SSDs: <20%
GSOZ: <50-60%
寸法317 mm × 250 mm × 174 mm
重量5281 g
電力19.8 W
データ形式テーブルモード (18 ch) - 12 ch: SSD SUM; 4 ch: GSO
リストモード (S-WPIA用)
準リアルタイムデータ (宇宙天気用)

計測原理

5枚のSSDと1個のシンチレータ(GSO+PMT)で構成されている。計測範囲の前半はSSDにてエネルギー検出を行い、後半はGSOで検出する。また、側面からのコンタミネーションを除去するため、アンチシンチレータを搭載している。

その他の情報

最終更新日: