プラズマ波動・電場観測器 (Plasma Wave Experiment, PWE)

担当者

PI

  • 笠原 禎也 (金沢大学)

Co-PI

  • 笠羽 康正 (東北大学)
  • 小嶋 浩嗣 (京都大学)
  • 八木谷 聡 (金沢大学)

Co-I

  • 石坂 圭吾 (富山県立大学)
  • 熊本 篤志 (東北大学)
  • 土屋 史紀 (東北大学)
  • 尾崎 光紀 (金沢大学)
  • 井町 智彦 (金沢大学)
  • 三好 由純 (名古屋大学)
  • 松田 昇也 (名古屋大学)
  • 栗田 怜  (名古屋大学)
  • 中川 朋子 (東北工業大学)
  • 疋島 充 (JAXA/ISAS)
  • 加藤 雄人 (東北大学)
  • 三澤 浩明 (東北大学)
  • 木村 智樹 (理化学研究所)

基本スペック・計測物理量

電界センサ

日本飛行機と東北大学で開発。

  • WPT (Wire-Probe Antenna): 15-mワイヤアンテナ 4本
       電界 DC ~ 10 MHz, 2軸 (EU, EV)

磁界センサ

日本飛行機と金沢大学で開発。

  • MSC (Magnetic Search Coils)
       磁界 1 Hz ~ 100 kHz, 3軸 (Bα, Bβ, Bγ)

低周波受信器: EWO (EFD/OFA/WFC)

三菱重工と京都大学・金沢大学・東北大学・富山県立大学で開発。

  • EFD (Electric Field)
       DC ~ 200 Hz (電界波形・スペクトル)
    • EFD-DPB (Double Probe)
         波形 (64 Hz (Apo[遠地点]-mode) or 256 Hz(Peri[近地点]-mode)
         スペクトル (f=1-224 Hz)
    • EFD-SPB (Single Probe)
         波形 (8 Hz)
    • EFD Burst
         EFD-DPB (512 Hz), EFD-SPB (128 Hz)を連続/断続的に観測
  • OFA (Onboard Frequency Analyzer)
       10 Hz ~ 20 kHz (電界スペクトル)
       1 Hz ~ 20 kHz (磁界スペクトル)
    • OFA-SPEC: power spectrum (以下の4モードから選択)
         Δt=0.5 s (# of frequency: 66 pts)
         Δt=1 s (# of frequency: 132 pts)
         Δt=2 s (# of frequency: 264 pts)
         Δt=4 s (# of frequency: 528 pts)
    • OFA-MATRIX: spectral-matrix
         OFA-SPECと連動し、時間分解能が1/8
         (OFA-SPECがΔt=0.5 sならΔt=4 s、周波数分解能は同一)
    • OFA-COMPLEX: instantaneous spectrumの実部・虚部
         OFA-MATRIXと時間・周波数分解能は同じ
  • WFC (Waveform Capture)
       10 Hz ~ 20 kHz (電界波形)
       1 Hz ~ 20 kHz (磁界波形)
    • Chorus Burst: 65,536 Hz, 電磁界5成分を間欠観測 (8 s/shot (nominal))
    • EMIC Burst: 1,024 Hz, 電磁界5成分を間欠観測 (3 min/shot (nominal))

高周波受信器: HFA

明星電気と東北大学で開発

  • HFA (High Frequency Analyzer)
       10 kHz ~ 10 MHz (電界スペクトル, # of frequency: 480 pts, Δf/f<2.5%)
       10 kHz ~ 100 kHz (磁界スペクトル, # of frequency: 160 pts, Δf/f<2.5%)
    • EE-mode (電界2成分, Δt=8 s (nominal) or 1 s, 2 s, 16 s (optional))
    • EB-mode (電界1成分 + 磁界1成分, Δt=8 s (nominal) or 1 s (optional))
    • Plasmapause mode (電界1成分, Δt=1 s (nominal))
       (オプションモード)
    • 波形出力mode (イベントトリガ式, 0.082 ms長 (25 Msps) 及び0.82 ms長 (2.5 Msps))
    • 高周波数分解能mode (Δf=1.2 kHz (<1 MHz) or Δf=12 kHz (>1 MHz))
         帯域幅・Ch数・時間分解能は設定による。
       プラズマ密度計測のためのUHR周波数検出 (Δt=1 s)

その他の情報

最終更新日: