中間エネルギーイオン質量分析器 (Medium-Energy Particle Experiments - Ion Mass Analyzer, MEP-i)

MEP-i

担当者

PI

  • 横田 勝一郎 (JAXA/ISAS)

Co-PI

  • 笠原 慧 (東京大学)

参考文献

  • Kasahara, S., K. Asamura, Y. Saito, T. Takashima, M. Hirahara, and T. Mukai, Cusp type electrostatic analyzer for measurements of medium energy charged particles, Review of Scientific Instruments, 77, 123303, doi:10.1063/1.2405358, 2006.
  • Kasahara, S., T. Mitani, K. Ogasawara, T. Takashima, M. Hirahara, and K. Asamura, Application of single-sided silicon strip detector to energy and charge state measurements of medium energy ions in space, Nuclear Inst. and Methods in Physics Research, A, A 603, 355-360, doi:10.1016/j.nima.2009.02.004., 2009.

基本スペック・計測物理量

  • エネルギー範囲: <10 to 180 keV/q
  • エネルギー分解能: 7% (FWHM)
  • エネルギーステップ: 16 steps per scan
  • 質量分離: H+, He++, He+, O+, O+2
  • センサー視野: 360° (azimuth) × 3.5° (elevation)
  • アノードの数: 16
  • gファクター
    • 2.4×10-4 cm2 sr keV/keV/anode (normal)
    • 1.9×10-5 cm2 sr keV/keV/anode (narrow)
  • 時間分解能: 4 s for full 3-D distribution function

計測原理

静電分析器で入射イオンのエネルギー電荷比および飛来方向を分析する。TOFにより質量電荷比を同定する。また、SSDを用いてイオンのエネルギーを計測し、電荷を求める。

その他の情報

最終更新日: