第10回ERG サイエンス会議・粒子データ解析ワークショップ

日時

2018年9月19-20日

場所

東北大学大学院理学研究科 理学合同C棟4階講義室

プログラム

9/19【1日目】

1. ERGプロジェクトの状況

時間発表者題目
13:00-13:30篠原育 (JAXA), 三好由純 (名大)「あらせ」報告

2. 各機器の現状報告

時間発表者題目
13:30-15:00笠原禎也 (金沢大学)Plasma Wave Experiment(PWE)
The catalog for already-known artificial signals
中川朋子 (東北工大)あらせの衛星電位
松岡彩子 (JAXA)磁場観測器(MGF)
小嶋浩嗣 (京大RISH)Summary of the Software-type Wave-Particle Interaction Analyzer (S-WPIA) SWPIA
浅村和史 (JAXA)LEPi operation status
風間洋一 (Academia Sinica)LEPe/ERG現状報告
笠原慧 (東大), 横田勝一郎 (大阪大学)MEPの運用状況
三谷烈史 (JAXA)HEP現状
東尾奈々 (JAXA)超高エネルギー電子分析器 (XEP)

3. 連携プロジェクトの状況

時間発表者題目
15:40-16:30細川敬祐 (電通大)PsA
三好由純 (名大)PWING
三好由純 (名大)RBSP
小川泰信 (極地研)EISCAT
堀智明 (名大)SuperDARN
北村成寿 (東大)MMS

4. データ解析報告

時間発表者題目
16:45-18:00吹澤瑞貴 (東北大)Electrostatic Electron Cyclotron Harmonic Waves as a candidate to cause pulsating auroras
宮下拓也 (千葉大)サブストームに関連したULF波動に伴う高エネルギー降下電子変動
平井あすか (東北大)EMIC waves-driven energetic electron precipitation into the atmosphere with ground-based observations in the subauroral region
Inchun Park (名大)Electron flux variations of the outer radiation belt during magnetic storms observed by Arase/HEP and Van Allen Probes/MagEIS

9月20日【2日目】

5. データ解析報告

時間発表者題目
09:00-10:00小川泰信 (極地研)Counter-streaming electrons and their ionization in the ionosphere: ERG-EISCAT simultaneous observations
栗田怜 (名大)Electron pitch angle scattering due to ECH waves observed by MEP-e
堀智明 (名大)Azimuthally-propagating flow fluctuations in the mid-latitude ionosphere during magnetic storms as seen by SuperDARN, Arase, and Van Allen Probes
松岡彩子 (JAXA)Magnetic field polarization of the Alfven waves observed in the inner magnetosphere
松田昇也 (JAXA)A Machine Learning Approach for the Determination of Upper Hybrid Resonance Frequency Observed by Arase

6. チュートリアル講演

時間発表者題目
10:45-11:30横田勝一郎 (大阪大学)Velocity moments derived from observation data by particle instruments
三好由純 (名大)Lm,L*について

7. SPEDAS講習会

時間
13:30-17:30

講習会テキストはこちらからダウンロードして頂けます。

最終更新日: