ERGWAT マニュアル

目次

1 はじめに

ERGサイエンスセンターでは、 ERGプロジェクトの共通データ解析環境として、 SPEDAS(Space Physics Environment Data Analysis Software)をベースとした解析ツールの開発を行っています。 また、SPEDASをエンジンとして、Webブラウザから対話的に作図や簡易解析ができるシステム: ERGWAT(ERG Web Analysis Tool)の開発も行っています。

ERGWAT は以下の URL に各種ブラウザを使ってアクセスすることで利用できます。http://ergsc.stelab.nagoya-u.ac.jp/ergwat4/login.cgi ユーザーID, パスワードについては下記のERGサイエンスセンターヘルプデスクまでお問い 合わせ下さい。

本マニュアルは、このERGWATの使用方法について述べたもので、ログインから作図、作図済みファイルのダウンロードまで、一通りの手順について述べられています。 なお、ERGWATは現在も開発中であり、機能の不具合や、OS、ブラウザに依存した動作の不具合が存在しています。 これらの点については、引き続き改良作業を行っていきます。 お気づきの点やご要望については、ERGサイエンスセンターヘルプデスクにお問い合わせください。


 ERGサイエンスセンターヘルプデスク:
  erg-sc-help @ st4a.stelab.nagoya-u.ac.jp

マニュアル改訂履歴:
2012年10月:  第一版
2014年08月:  第二版
2015年02月:  第三版

2 ERGWATの操作説明

2.1 解析画面の操作方法

  1. http://ergsc.stelab.nagoya-u.ac.jp/ergwat4/login.cgiにアクセスし、ログイン画面からアカウント情報を入力してください。
  2. ergwat_manual1

  3. ログインが終了すると、以下のような画面が表示されます。
  4. ergwat_manual2

  5. 初めに可視化を行うデータの日付の指定を行ないます。 記入の形式は、「-年-月-日/時:分:秒」の形式で、半角英数で記入してください。
  6. 次にプロジェクトとそのプロジェクトに関連するパラメーターを指定してください。パラメーターは指定されているプロジェクトにより異なります。
  7. 現在利用可能なデータ

    • ACE 衛星: 太陽風・IMF データ
    • GOES 衛星: 磁場データ
    • THEMIS 衛星: ESA, FGM データ
    • THEMIS 地上: GMAG(地磁気)データ
    • AKEBONO 衛星: PWS・RDM データ
    • ERG 連携地上観測データ:
      • 210MM データ
      • NIPR 地磁気データ
      • STEL FLUXGATE データ
      • STEL 誘導磁力計データ
      • SuperDARN データ
      • MAGDAS データ
      • LF radio wave receiver データ
      • EISCAT レーダー データ
    • OMNI データ

  8. 日付、プロジェクト、パラメーターの指定が終了しましたら、「Load Data」ボタンをクリックし、指定のデータをロードしてください。 データのロードが完了すると、「Loaded」のリストにデータ名が表示されます。 設定条件によりデータが存在しない場合もあり、データが存在しない場合は、「Loaded」の部分に何も表示されません。
  9. 「5」にてデータがロードされた場合は、表示したい「Loaded」リスト内のデータを選択し、矢印ボタンをクリックし、「Plotted」リストに移動します。 なお、複数のデータを選択することも可能です。
  10. ergwat_manual3

  11. データの表示を行う場合は、「Plot」ボタンをクリックしてください。
  12. ergwat_manual4

  13. データの解析を行う場合は、Plot ボタンの隣のプルダウンメニューから解析メニューを選択し、「Exec」ボタンをクリックしてください。
  14. データの選択画面が表示されますので、データを選択して「OK」ボタンをクリックしてください。 同じダイアログ内に「Advanced setting:」とありますが、SPEDASの解析ルーチンにキーワードを指定したい場合は、ここにキーワードを入力してください(上級者向け)。
  15. ergwat_manual5

  16. 解析を終了しますと、Loaded の部分に結果のデータが表示されますので、必要なデータをPlottedに移動してください。
  17. ergwat_manual6

  18. 「Plot」ボタンをクリックしてデータを表示してください。

2.2 SuperDARNの2次元プロット

ergwat_manual7

2.3 プログラム、図の保存等

  1. データのロード時や表示・解析時に、左下に使用されたIDLのコマンドが履歴として表示されます。 ローカルのIDLにて同じデータをロードして表示したい場合は、このコマンドをコピーし、IDLのコマンドラインにて実行してください。
  2. ergwat_manual8

  3. 画面右上のボタンをクリックすることにより、プログラムやPostScriptファイルをダウンロード可能です。
  4. DL Pro --- 
    左下に表示されたコマンド履歴をIDL procedureとしてダウンロードします。
    DL PS  ----
    表示されている図のPostScriptファイルをダウンロードします。
    DL ASCII ----
    表示されているデータのアスキーファイルデータをダウンロードします。

  5. すべての操作が終了しましたら、「logout」をクリックし、システムからログアウトしてください。 ブラウザの「x」ボタンをクリックして終了すると、ユーザーのセッション情報がサーバー側に残ってしまいしばらく同じユーザーでログインできなくなります。 操作を終了した場合は、必ず「logout」をクリックしてシステムからログアウトしてください。

注意:
STEL_induction(誘導磁力計)データ等については、表示やデータのダウンロード等の際に、数分以上の処理時間がかかる可能性があります。

謝辞:

  • SPEDASはUC BerkleyにおけるTHEMISプロジェクトで開発されたものです。
  • 地上観測データの可視化の一部には、IUGONET(http://www.iugonet.org/)で開発されたSPEDASプラグインツールの UDASを使わさせていただいています。
最終更新日: